0551-22-0550 facebook instagram

Q:いつから矯正治療ができますか?

Q:いつから矯正治療ができますか?

現在では乳歯列の時期(約3歳)からでも適応できる装置もありますが、多くの場合上下顎の第一大臼歯(6歳臼歯)が生えてきた頃が良いと思われます。

あごの成長時期と合致していることや装置を留めるために第一大臼歯を利用することが多いためです。

しかし、3~4歳頃にすでに受け口の傾向がみられる場合や、検診などで歯並びや生まれつき永久歯が欠損していると指摘されたときは早めに矯正歯科を受診することをおすすめします。

山梨県韮崎市の矯正歯科【ニッコリ矯正歯科】矯正歯科専門

日付:   カテゴリ:よくあるご質問, 小児矯正について and tagged ,

その他記事一覧

矯正治療メニューTreatment Menu

  • 小児矯正(子どもの矯正)

  • 表側矯正

  • 裏側矯正(舌側矯正)

  • 部分矯正(MTM)

  • マウスピース型
    矯正装置
    (インビザライン)

  • 歯科矯正用
    アンカー
    スクリュー

矯正治療について

山梨県韮崎市の矯正歯科

BACK TO TOP