0551-22-0550 facebook instagram

小児矯正過蓋咬合
治療例- 小児矯正後、成人矯正に移行 -

主訴

歯が大きくて心配している

Before

症例3-1

After

症例3-2

Before

症例3-3

After

症例3-4

Before

症例3-5

After

症例3-6

問題点

  • 著しい過蓋咬合(かみ合わせが深く下の歯がほとんど見えない)
  • 上顎前歯の舌側傾斜により過蓋咬合の助長と下顎の成長阻害
  • 顎の大きさと歯の大きさのバランスが悪い

治療計画

  • 上顎前歯の唇側傾斜と圧下を行い、下顎の成長阻害因子を除去する。
  • 上下顎の拡大を行い、下顎の前方成長を経過観察していく。

治療費用

治療費385,000円
治療内容小児矯正治療
処置料4,400円/月
抜歯の有無

Ⅱ期治療にて非抜歯治療を予定

治療に伴うリスク・副作用
  • 歯が動く痛みや矯正器具が当たることによる痛み
  • 歯の神経が死んでしまうことがある。(歯髄壊死)
  • 歯の根が短くなることがある。(歯根吸収)
  • 歯茎が下がってしまうことがある。(歯肉退縮)
  • リテーナーを正しく使用しないと歯並びの後戻りが生じてしまうことがある。(後戻り)
  • 加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせるとかみ合わせや歯並びが変化することがある。
    その場合、再治療等が必要になることがある。

矯正治療メニューTreatment Menu

  • 小児矯正(子どもの矯正)

  • 表側矯正

  • 裏側矯正(舌側矯正)

  • 部分矯正(MTM)

  • マウスピース型
    矯正装置
    (インビザライン)

  • 歯科矯正用
    アンカー
    スクリュー

矯正治療について

山梨県韮崎市の矯正歯科

BACK TO TOP